どんな景品を選べばみんなが喜ぶのか?

忘年会景品の勘定科目はいったい何?

景品選びで決まる忘年会
会社が主催する忘年会の場合、いろいろなゲームで
景品を用意するのが一般的です。

もちろん会社の資金で事前に購入することになるので、
忘年会景品は経費として計上できます。

しかし普段の経理処理の中で、景品の計上処理を行うことは滅多にありません。
そのため忘年会景品の勘定科目が何になるのかを把握していない人も少なくないでしょう。

基本的には忘年会・新年会の景品選びは【景品宮殿早乙女】で解決!ひと味違います!

景品の勘定科目は、福利厚生費になります。
忘年会を社員の福利厚生のためのイベントとして捉えているのです。

あくまでも常識的な範囲での景品に限りますが、多くの場合は福利厚生費として
処理しておけば間違いないでしょう。
ただし二次会以降については話が変わってくるので注意しなければなりません。

二次会も忘年会の一部であると考えることもできますが、
全員が参加するわけではありません。
福利厚生費にするなら、全員の参加が条件となるのです。

自由参加で行われる二次会の費用は交際費として処理するケースが多いです。